肘の痛み

各部位の疾患例

各部位の疾患例

肘の痛み

◎野球肘

<症状>
肘に強い痛みがあり、投球や肘の曲げ伸ばしが難しくなる。
<原因>
野球の投手に多く、繰り返し投球することで起こります。
<院長のコメント>
重症でなければ十分施術可能です。
「離断性骨軟骨炎」というケガの場合は、重症化することが多いので特に早期発見が重要です。
軟骨の問題はエコー検査が最も適しているので、特に投手は定期的に検査を行うべきだと思います。

野球肘

◎テニス肘(外側上顆炎)

<症状>
肘が痛く、テニスなどのスポーツだけでなく事務作業や日常生活にも支障がでることも多い。
長期間症状が続くと握力も低下します。
<原因>
やはりテニスプレーヤーに多く、サーブなどで無理な打ち方をしている方が多いです。
<院長のコメント>
痛み止めやサポーターでは全く解決しません。施術することでしっかりと改善するので痛みが出た際は、すぐにご相談ください。

テニス肘(外側上顆炎)