肩の痛み

各部位の疾患例

各部位の疾患例

肩の痛み

◎肩板損傷

<症状>
腕を上げると肩が痛い
<原因>
野球やテニスなどのスポーツ動作で、繰り返し肩を捻ることで痛めます。
年配の方で転倒して肩板(肩の筋肉)を断裂してしまうこともあります。
<院長のコメント>
肩板とは肩関節を安定させる筋肉です。これを断裂すると野球のような肩を使うスポーツを行うことが難しくなります。
エコーで損傷程度を調べることができるので、肩に痛みが出た際はなるべく早い段階でご相談ください。

肩の痛み

◎上腕二頭筋腱炎

<症状>
腕を動かすと肩の前側に痛みが起こる
<原因>
日常生活やスポーツで繰り返し腕を動かすことで痛めます。
<院長のコメント>
“腱”は回復力が乏しいので、テーピング等でごまかしていては取り除くことはできません。
炎症の程度をエコーでチェックして適切なタイミングで運動復帰する必要があります。

上腕二頭筋腱炎

◎石灰沈着性肩板炎

<症状>
肩が、腕を動かすことができない程痛い
安静にしていても疼くことが多い
<原因>
筋肉が傷つき、治る過程で石のような塊ができてしまう。
<院長のコメント>
肩の痛みの中で1番症状が強いケガでしょう。
このケガは絶対安静で、見逃して関節をゴリゴリ動かすとひどく悪化します。
これを早期発見するためにエコーが大活躍します。

石灰沈着性肩板炎

◎五十肩

<症状>
肩が固まり腕が上がらない。
就寝中に痛みで起きる程の痛みがある事もある。
利き手と逆の肩に起こることが多い。
<原因>
普段あまり腕を上げないことや、首や肩甲骨の動きが極端に悪いこと
<院長のコメント>
施術しなければ数年固まったままであることが多いです。
ただ経験上、五十肩だと思い来院されて実はそうでない場合が多く、施術ですぐに治るものがたくさんあるので、ご自身で五十肩だと決めつけずに一度ご相談ください。

五十肩