痛み・スポーツ外傷

ケガと痛みの専門治療

急性痛・スポーツ外傷

「積極的な治療計画」

急性痛やスポーツ外傷の治療で重要なことは、「早く治療する」ことです。
ヤケドを放っておくと跡が残るように、内部の損傷もテーピングやサポーターをして安静にしているだけでは、不安定な状態で固まってしまい、再発のリスクが高まります。
当院ではぎっくり腰や肉離れも、基本的に固定を行わないので拘縮は起こりません。不必要なリハビリ期間を省き、会社やスポーツへの早期復帰が可能になります。

「練習を休まない」

スポーツ障害は練習を続けながら治すことが可能です。

例えば【全治1週間の捻挫】は7日目に急に全快する訳ではなく、日々回復し、毎日可能な動きが増えていきます。「昨日は歩くとズキズキ痛かったのに、今日は軽く走る程度なら痛くない」など。

回復度合いに合わせて練習メニューを普通に戻すことで、筋力低下や運動感覚を防ぎ再発を防止します。

「動作指導」

ケガを繰り返す選手は、動作に問題があることが多いです。無理矢理なフォーム矯正などは行いません。

全てのスポーツに通ずる基礎的な動きを習得させることで、選手が身体を上手に扱えるようになり、自然とキレイな動きとなります。